たえさん


結婚報告年賀状はとてもおめでたいもので受け取れば基本的にはうれしいものです。けれども、過去に2度、不快なものが届きました。

1度目は、新郎新婦のキスの写真が大きく年賀状全体に印刷されたものでした。キス写真はよく送られてきますが、嫌味のない新婚さんの幸せそうな様子が伝わってくるものについてはあまり気にならないのですが、そのときは新婦の表情が生理的に不快になりました。目を大きく開いて、雑誌のモデルさんのように格好をつけてキスをしていたからだと思います。友人同士だけに送ったのかと思っていましたが、実は親戚や仕事の上司にも同じものを送ったとあとで知り、さすがに非常識だとどん引きしました。私は友人同士でしたが、それでも、正直気持ち悪いと思ったので、年配の方は不快感しかなかったのではないかと思います。

2度目は別の人からですが、いわゆる授かり婚だったようですが、新郎新婦の写真のほかに、生まれたばかりの赤ちゃんのオムツ交換中の写真も載せてあって、その赤ちゃんの下半身が何も隠されずに写っていました。年賀状に載せる写真じゃないなと思いました。送り主は会社の後輩だったのですが、年代や関係性を問わず、同じものを送ったようですが、本人は「親戚からは怒られた。何でだろう」と笑っていました。子どもがかわいいから見てほしくて、表情の良い写真を選んだらオムツ交換中の写真だったようです。

友人同士なら好きな写真を好きなように送ってもまだ良いと思うのですが、多くの人が見て、結婚の挨拶の役割も果たす年賀状に、キスの拡大写真や丸裸の赤ちゃんの写真を下半身がはっきり見える状態で送ることには意見が分かれると思います。古い考えかもしれませんが、「良い、悪い」の意見場はっきり別れるものは、あとあと印象も悪くなるので避けるほうが無難です。もしやるならば、友達用と親戚や仕事の人など形式的な用途に分けて数種類用意することを是非お勧めします!

親戚や仕事の上司などは、いまだに「あの年賀状からして非常識だったもんな。」という評価を持っている人もいます。私は不快に感じた印象はなかなか忘れられないです。なかなか悪い印象を良い印象に変えるのは難しいもので気をつけたほうが良いと思います。

※投稿してくれた方:たえさん、44歳(女性)
テーマ:もらって不快、残念に思った結婚報告の年賀状を教えて!

※当サイトでは結婚報告を兼ねた年賀状で使えるおすすめの年賀状作成、印刷サービスを紹介中です。写真をキレイに魅せる年賀状や、あえて写真を使わないものなど、いろんなところを紹介しているのでぜひご自身にあったところで年賀状を作ってみてくださいね!

年賀状結婚報告.net ホームへ