年賀状で結婚報告の記載がっ!お祝いは用意したほうがいいの??

結婚式、披露宴に参加していないけど、
もらった年賀状を見たら「結婚しました!」の文字、、、

そこまで遠すぎる仲ではないけど、披露宴にギリギリ呼ばれるくらいの仲でもない!
そんな時、こういった年賀状をもらって何かお祝いを用意したらいいのかちょっと迷いますよね。
これに関して私の意見をまとめておこうと思います。

結論!迷うくらいならお祝いは渡さなくてもいい

まず年賀状をくれた相手が結婚式を済ませている場合、
そこに呼ばれていない段階でお祝いをわざわざ用意する必要なんてないと思います。

もし呼ばれたけど都合が悪くてどうしても参加できなかった、なら話は別ですが、
所詮は呼ばれなかったというレベルの間柄なわけです。

もうその時点で相手のあなたへの重要度ってちょっと下がってしまっているわけですから、
あれこれお祝いのことを考える必要なんてないのではないでしょうか。

また披露宴をやっていない夫婦からの年賀状での報告なら、
あなたがお祝いしてあげたいなら何か送っても良いと思います。
だって直接お祝いの言葉を言ったり、ご祝儀を渡したりする場面はなかったんですもんね。

ただこれも、仲のいい大事な人間には入籍時に連絡くらいはしていると思われますので、
年賀状で報告された時点でちょっと相手との距離感を考えたほうが良いかもしれません。

自分の結婚式には出てくれたけど、、、というパターン

難しいのがこれですよね!
昔、若いころ自分が先に結婚して披露宴に来てもらったけど、
それから何年もたち、付き合う人間も変わって自分はその人の披露宴には参加してない場合です。(つまり呼ばれてない状態)

過去にご祝儀ももらっているしお祝いもしてもらっているわけですから、
ここで何もしないようでは完全に今後も上辺だけの付き合いになってしまいそうです。
それに人としてここは何かやるべきでは?と思ってしまいますよね

もし何かお祝いをあげるなら、現金かそれに準ずるものがいいのではないでしょう。
つまりご祝儀として渡すということです。

現金を渡す(送る)なら…

披露宴に参加するなら3万円が相場ですが、
行かないなら友人レベルなら3,000円~10,000円が相手に気を遣わせない丁度いい範囲です。
まぁお料理とかもこっちは食べてないわけですから。

あとは現金をもらって喜ぶか、逆に嫌な顔をされる相手かどうか、という点も見極めておきましょう。
現金=下品と思われる可能性があるなら、
渡したい金額と同額の商品券等がスマートでいいでしょうね。

お祝いの品を用意する場合…

現金ではなく品物を買って送る場合なんですが、
これは相手のセンスや好きなもの、必要としているものを把握していないといけないと思います。

昭和の時代からよくバスタオルやティーカップというのはありましたが、
いまの時代にそれはそぐわない、、、というか、そう感じてしてまう20代、30代の方は大変多いように感じますね。
であれば最初から現金!を選んだほうが間違いはないでしょう。

なのでこのケースにおいては相手の希望がちょっとでもわかるなら、
という条件付きでやるのがベターかと思われます。

尚、個人的にはバスタオルでもオーガニック素材の自分では買わないけど良い商品は非常に嬉しいです。ブランド推しの贈った側の自己満足が透けて見えるようなものだとちょっと残念に思うところもあるかもしれません。
※参照サイト:結婚祝いをもらいましたが・・・|みんなのウェディング

当サイトでは今年結婚・入籍・披露宴などをして「年賀状でその結婚報告を兼ねたものを作ろう!」というご夫婦の為のおすすめ年賀状サイトをまとめております。きれいに撮った写真を使ったり、逆に写真なしでシンプルにまとめたい場合など、希望に合わせたベストな年賀状デザインやサービスが見つかるはずです。結婚という人生で1回しかないであろうこの機会に、年賀状結婚報告.netを参考にして記憶に残る作品レベルの年賀状を作ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です