年賀状でさえも自分たちが主役!?今後の付き合い方も考えざるを得ないね!

あやさん

結婚式に撮ったであろう写真、しかも大股開きでピースしたり口を大きく開けて笑っているというかなりくだけた感じの写真が一面に載っており、書いてあったコメントは「またご飯行こう」だけでした。結婚報告を兼ねた年賀状なら、いつ入籍しましたとか未熟なふたりですがこれからもよろしくお願いいたしますなどのコメントは印刷でもよいので入れておくべきだと思います。いくら友達や親しい間柄でも節目なのだからきちんとしたら?と思いました。

とくに結婚祝いを贈っていたのに、お礼状や内祝いもなかったので、年賀状にでもお礼のひとことを書いてくるかと思ったのですがそれもなかったので余計に非常識だと感じました。結婚したというだけで浮かれているんでしょうけれど、挨拶もろくにできないなんて夫婦揃って既婚者として未熟だなと感じると同時に今後のお付き合いの仕方も考えさせてもらおうと思いました。

結婚報告をするなら、謙虚な気持ちで自分達がよければそれでよしではなく、結婚したことへのけじめとしてきちんとした挨拶文や、すでにお祝いなどをいただいているなら重ねてお礼の文言をいれるなど相手のことを第一に考えた年賀状なら嫌な気持ちはしません。自分達が主役なのは結婚式だけであって、年賀状まで自分達が主役、送って満足、というのはわがままで幼稚だと思います。

※投稿してくれた方:あやさん、27歳(女性)
テーマ:もらって不快、残念に思った結婚報告の年賀状を教えて!

当サイトでは今年結婚・入籍・披露宴などをして「年賀状でその結婚報告を兼ねたものを作ろう!」というご夫婦の為のおすすめ年賀状サイトをまとめております。きれいに撮った写真を使ったり、逆に写真なしでシンプルにまとめたい場合など、希望に合わせたベストな年賀状デザインやサービスが見つかるはずです。結婚という人生で1回しかないであろうこの機会に、年賀状結婚報告.netを参考にして記憶に残る作品レベルの年賀状を作ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です